2008年8月
                                                            

学校

○新校長の赴任
 4月1日付けで新校長に宇部工業高専副校長から村上定瞭氏 (理学博士) が赴任されました。 村上先生は中国地区の物質工学分野で、 よく知られた先生です。

○入学式が挙行される
 多数のご来賓、 保護者のご参列を頂き、 4月5日 (日) 新入生112名 (商船学科45名、 電子制御工学科37名、 流通情報工学科30名) を迎え入学式が行われました。 新入生は緊張しながらも、 一人一人の名前を呼ばれると元気よく返事をして、 入学許可を受けました。 昨年から日曜日に入学式を開催したことから、 多くの関係者及び保護者のご参列を頂きました。
                  

○海友会の活動紹介
 平成20年4月20日 (日)、 本校の海のボランティア同好会である 「海友会」 所属学生と校友会大崎支部の皆さんのジョイントによる大崎上島大串海岸の清掃活動を行いました。 オレンジの海友会正装をした学生たちは、 半日間海岸の清掃活動に頑張ってくれました。
                  
○オープンスクール
 平成20年6月28日 (土) に入学を希望する中学生に対し、 本校の概要を説明し、 クラブ活動の見学及び学生寮を実際に見て教育内容や学生生活の実状について理解を深めてもらうとともに、 進路を決定するための一助とすることを目的にオープンスクールが実施されました。

○公開講座
 平成20年度に実施される公開講座はつぎの内容が予定されています。
・ 「あつまれ船長!2008」 :8月19日〜21日:募集人員は中学生15名
・体験!機関コース!〜集まれ未来のエンジニア〜:8月22日:募集人員は中学生10名
・おもしろメカトロニクス入門:8月2日:募集人員は中学生15名
・よくわかる数学科講座:8月2日:募集人員は中学生10名
・インターネットを楽しもう 〜ホームページ作成〜:8月3日、 9月21日:募集人員は各回中学生20名
・流通ってなんだろう講座:8月9日、 9月20日:募集人員は各回中学生20名
・かんたん!ロボットプログラミング:8月10日、 9月21日:募集人員は中学生10名

○留学生のテレビ出演

 マレーシアから留学している本校商船学科5年生のツァイ・チン・リオン君がフジテレビの 「めざましテレビ」 に出演しました。 彼は我々日本人以上に礼節のある日本男子です。 フラワーロード参加後の彼の感想文を紹介します。

(以上の文責:水井真治)
                
 商船学科5年生:ツァイ チン リオン
 今日、 私はめざましテレビのフラワーロードという番組の出演に参加しました。 それは、 沖縄から北海道まで自転車でリレーをすることです。 私はこのリレーの42人目の参加者で、 走る区間は安芸中野駅から志和まででした。 しかし、 前の方が遅れたので、 今日完走することが出来なくて、 続きは後日にまわすことになり、 とても残念でした。
 前の方は山田さんというお方で、 59歳の女性でした。 山田さんの頑張っている姿を見た後、 私は彼女のように頑張らないといけないという気持ちになりました。 最初はまだ体力があって、 まだ良かったです。 でも、 その道にはたくさんの登り坂があって、 途中で結構大変でした。 登れば登るほど、 足がだんだん疲れてきました。 それでも、 私はあきらめずに頑張りました。
 そして、 学校の寮に帰ってきた時、 友達、 教官や職員の皆さんが迎えに来てくれて、 本当に感動しました。 本当に頑張って走ってよかったと思います。 そして、 友達の皆さんと一緒に花の種を播くことが出来て、 嬉しかったです。 種を播いたとき、 私は 「負けないぞ」 という言葉を書きました。 その意味は、 広島商船の皆さんは今後誰にも負けないという気持ちで頑張ってほしいということです。 今日迎えに来てくれた友達、 教官や学校の職員の皆さんにとてもありがたく感じます。
 最後、 私をこの番組の参加者として選んで、 今日いろいろなお世話になった松島教官に感謝しています。 そして、 今日撮影してくれたエムファーム会社制作部の皆さんにも感謝しています。 さらに、 途中で応援してくれた方々にも感謝します。 この番組のおかげで、 私はフジテレビの方々や山田さんとつながりが出来ました。 そして、 テレビ番組の制作にも参加することが出来ました。 しかも、 友達とのつながりも深くなりました。 今日の番組の撮影に参加してとても良かったです。

校友会

○校友会総会が広島市内で行われる
 校友会の総会は平成17年度より、 各支部のお世話により総会を各地で催してきました。  京浜支部、 阪神支部、 岡山支部に引き続き、 今年は広島支部のお世話により広島アークホテルで行いました。 今年度の合祀式の開催日は平成20年11月3日 (日)、 母校で行うことになり、 平成21年度総会の開催は母校にて行うことで了承されました。
 平成20年秋に名簿発刊する予定です。 これまでの住所不明、 連絡不通者についての取り扱いが話し合われ、 なるべく通信費の節減が見込めるように実施することとなりました。  また、 廣船校友会新聞 (平成20年度版No. 4) は、 9月頃に発行を予定します。 各界でご活躍の校友のご投稿をお願いします。 自薦、 他薦は問いませんので、 よろしくお願いします。
          
(永井 真治記)

○横浜港カッターレ−ス参戦記
 本年も5月25日 (日) に横浜港カッターレ−スが開催されました。
 当日朝は大雨で開催が心配されましたが、 大会実行委員会本部に電話確認をした処、 強行との回答があり、 大北監督 (N−78) と連絡をとり会場の山下公園に参上し、 広島商船の校旗を高々と掲揚し横浜港にアピールしました。
 当日の大雨で参加辞退のチームが出るなか、 大北監督 (N−78) の指導の元で参加して頂いた選手に感謝を致します。
 レース17番で、 出場相手3チームの強豪のなか、 我がチームのタイムは悪天候の中3分01秒03で前年より3秒短縮の好成績であったが、 2位の成績で決勝への進出の夢は次回へ持ち越しとなりました。
 大雨で集合場所を例年の場所から雨がかからない場所に移し、 半被を集合場所の目印にしたものの、 出足はよくなかった、 雨に係わらず応援に駆けつけて頂いた各位に感謝を申し上げます。
 4回目の出場で、 広島商船の名が横浜の地に定着しましたが、 来年は晴天下に広島商船の旗のもとにさらに多くの同窓生皆様に参加して頂きますように協力を御願い致します。
 最後に、 本大会の参加に支援頂きました校友会会長並びに本部、 また、 会員の皆様にお礼を申し上げます。
(京浜矢弓会 N64 荒谷記)
       

                         
     
              
平成20年5月の記事
平成20年1月の記事
平成19年8月の記事
平成19年4月の記事
平成19年1月の記事
平成18年7月の記事
平成18年4月の記事
平成18年1月の記事
平成17年8月の記事
平成17年4月の記事
平成17年1月の記事
平成16年8月の記事
平成16年4月の記事
平成16年1月の記事
平成15年7月の記事
平成15年4月の記事
平成15年1月の記事
平成14年7月の記事
平成14年4月の記事
平成14年1月の記事
平成13年7月の記事