広島商船高専

2008年5月
                                                            



学校
入学試験
 3月3日 (月) に入学試験の合格者を発表し、 平成20年度入学試験のスケジュールが終了しました。 3月14日 (金) に入学説明会があり、 入学者数が決定されます。
  本校の入学試験は、 推薦による選抜と学力試験による選抜の2種類で行います。
 推薦入学試験は、 1月19日 (土) に行われ、 志願者は総数87名で、 その内訳は商船学科航海コース:24名、 機関コース:18名、 電子制御工学科:22名、 流通情報工学科:23名でした。 推薦入学による合格者数は定員の50%で、 志願者倍率は1.5倍です。
 学力試験は2月24日 (日) に行われました。 志願者数は118名で、 その内訳は商船学科航海コース:28名、 機関コース:15名、 電子制御工学科: 33名、 流通情報工学科:42名で、 志願者倍率は2.0倍になります。
 今年度の志願者数は昨年度より多少良い結果となりましたが、 今後更なる成果を出すことができるように教育、 並びに地域貢献等へと教職員は切磋琢磨する所存です。

大崎上島町と 「連携に関する協定」 の締結
 平成20年1月7日 (月)、 広島商船高等専門学校と大崎上島町は 「連携に関する協定書」 を締結することに合意し、 大崎上島町役場本庁舎にて調印式を執り行いました。 本校と大崎上島町は、 これまでの緊密な協力と信頼関係をもとに、 文化、 産業、 教育学術等の分野で相互に協力し、 地域の発展と人材の育成に寄与することを目的とし、 この協定の締結に至りました。 今後は、 双方の幹部12名で構成される 「連携協議会」 において、 両者が互いの情報を共有化し、 地域のニーズに即した多様な連携事業について協議することにより、 活発な地域貢献活動の展開について検討していきます。

本館の改装工事
 平成19年度の補正予算で、 耐震補強と狭い教室を解消するため本校のメインビルディングである本館 (鉄筋コンクリート5階建6,390u) の改装工事が認められました。 本館は昭和44年 (1969年) に建てられていましたので、 ほぼ半世紀にわたって大勢の若者の成長を見守ってきました。 この校舎でお世話になった先輩も多いのではないでしょうか。
 改装工事ですから、 きれいで使いやすい校舎となることが楽しみな反面、 工事に伴い、 授業・実験実習などの手当てが大変になります。 本校では授業のほとんどを本館でこなしている現状ですから、 そこから引っ越しての手狭な仮設教室において授業をすることは大変になります。
   改装工事のはじまりは、 現在の予定では8月の中・下旬から始まり、 完工は来年の3月頃の予定です。 そのため、 例年行っている行事予定も大幅に変更して行われます。 その一例として、 毎年10月の末、 あるいは11月のはじめに行っていた商船祭も今年は時期をずらし、 小ぢんまりとせざるをえない状況です。

専攻科棟完成
 ものづくり教育研究棟 (専攻科棟) の建設が行われ、 平成20年2月26日に引渡しとなりました。 また、 堀籠校長をはじめ教職員約20名が1時間程度の内覧会に参加しました。 充実した設備を備えた専攻科棟は、 施設玄関にあるID入力式入退館システムの導入、無線LANによりどこでもインターネットが利用でき、 また遮音性を考慮された移動間仕切りの仕組みにより利用目的にあった自由自在なオープンスペースができるなど、 新しい試みを盛り込んだ建物となりました。
            (電子制御工学科 教授 松島 勇雄 記)



校友会
平成20年度の総会開催
 校友会の総会は、 平成17年度の京浜支部に始まり、 今年平成20年度の総会は広島支部のお世話により以下の要領で実施します。 多くの校友の皆さんのご参加をお待ちしております。
日付 平成20年5月24日 (土)
総会:17:00〜 懇親会:18:00〜
場所:広島市 アークホテル
住所:〒732-0806 広島県広島市南区西荒神 町1-45
URL http://hiroshima.ark-hotel.co.jp/
    index02.html
E-mail:front@hiroshima.ark-hotel.co.jp
TEL:082-263-6363 FAX:082-263-6262
 また、 航海学科73期と機関学科45期の同窓会を企画しており、 翌25日 (日) には、 交歓会を企画していると聞き及んでおります。
 興味のある方は、 是非以下に問い合わせください。 幹事は下記の方です。
上原淳一:uehara.junichi@konsal.co.jp
冨田泰雄:tomita.sankai@biscuit.ocn.ne.jp

校友の住所
 校友会の活動の中で、 校友の住所の把握が日常業務の中では重要となります。 先にありました同窓会を実施するような際には、 連絡について困った経験をされている方も多いのではないでしょうか。 校友会の住所不詳の方は是非とも校友会事務局にご連絡いただきますようお願いします。
連絡先:校友会事務局
0846-65-3899 電話、 FAX共用
mail:koyukai@hiroshima-cmt.ac.jp
 なお、 身近で住所不詳となっている校友の住所をご存じの方はご連絡いただきますようお願いします。
(電子制御工学科 教授 松島 勇雄 記)

京浜支部総会の開催
 平成20年の京浜矢弓会が3月7日晴海のホテル・マリナーズ・コート東京で開催され、 相川会長 (校友会京浜支部長) の開会の辞で始まりました。 その中で、 現在、 京浜地区では、 日本丸のガイドボランティアの募集を始めとして、 海に関係した事業が多くなっており、 我々校友会も協力する機会が増えております。 又、 本日は若い会員も参加して嬉しく思っておりますが、 懇親会は同じ学び舎で育った先輩と後輩が交流出来る唯一の会であり、 今後も多数方の参加を頂けるように関係各位の協力御願いする旨の挨拶があった。

事務局からは、 次のような活動報告がありました。
平成19年度事業報告:
1. 横浜港カッターレースへの参加。
2. 母校が高専ロボコン全国大会に出場が出来ず残念でした。 20年度は全国大会に出場して頂き応援を行ないたい。
3. 10月26日に母校の現状に就き説明する臨時懇親会を行ないました。
4. 訃報として、 元校長 阿土 拓司殿が平成19年2月22日に、 N57大河原 雅弘殿が7月31日、 N52伊達 靖殿が12月28日に逝去された旨の連絡が御遺族様よりありました。  御冥福をお祈り申し上げます。
5. 堀籠校長先生が今期で退任されます。 堀籠校長は京浜矢弓会には毎回参加して頂き、 母校の現状をお話し頂きました。 お礼を申し上げますと共に益々のご健勝をお祈り申し上げます。
平成20年度事業計画:
1. 5月25日開催の横浜港カッターレースへ参加予定。
2. 高専ロボコン全国大会ヘの出場を期待し応援の予定。
 3月8日が母校の卒業式の為、 校友会会長、 校長先生には参加して頂けませんでしたが、 岩江校友会副会長より校友会報告の中で、 専攻科校舎の完成、 高専統合に就いてのお話がありました。
 松島先生が学校の近況として、 専攻科校舎の完成後、 本館校舎の改装が予定されており変則的授業になる等の、 学校を取り巻く近況についての興味深い話を伺いました。 また、 来賓としてご出席頂いた全日本船舶職員協会川村会長から、 高専の再編統合問題があり商船学校もその渦中にあるが、 全船協としては関係各校の意思を統一して対応したいので、 各校友会会員と関係者のご協力を御願いする旨のご挨拶を頂きました。
 名誉会員 井出本氏の乾杯の音頭で懇親会が始まり、 参加者は少なめではありましたが、 昨年の海難事故がヒューマンエラーの事故であり優秀な日本船員の必要性の話題、 動脈硬化防止の秘法で76歳の現在でも元気一杯の興味深い話が自己紹介で披露されました。 途中の記念写真撮影では、 本年は素人撮影とした為、 緊張の撮影風景となりました。
 残念ながら、 恒例の校歌の合唱でのお開きは、 今年も新校歌の合唱は次回に持ち越しとなりました。 新校歌で幕とする矢弓会が開催される日を待ち望みます。

(京浜矢弓会 N64 荒谷記)


     
              
平成20年1月の記事
平成19年8月の記事
平成19年4月の記事
平成19年1月の記事
平成18年7月の記事
平成18年4月の記事
平成18年1月の記事
平成17年8月の記事
平成17年4月の記事
平成17年1月の記事
平成16年8月の記事
平成16年4月の記事
平成16年1月の記事
平成15年7月の記事
平成15年4月の記事
平成15年1月の記事
平成14年7月の記事
平成14年4月の記事
平成14年1月の記事
平成13年7月の記事