お 知 ら せ           

 慶  事 

秋の叙勲・褒章者

平成 15 年秋、 本会会員並びに関係者で次の方々が叙勲・褒章を受けられました。 永年のご功績を称え、 栄えある受章を心よりお慶び申し上げますと共に、 ますますのご活躍をお祈り致します。

      瑞宝中綬章 及川  清 さん
      (元富山商船高等専門学校校長・元本会顧問)
      旭日小綬章 待井 信一  さん
      (伊良湖三河湾水先区水先人 鳥羽 26 年卒 N 66 期)
      旭日双光章 堀見 嘉昭  さん
      (長崎水先区水先人 弓削 29 年卒 N 48 期)
      黄綬褒章 北尾 正秀  さん
      (大阪湾水先区水先人 富山 26 年卒 N 41 期)

商船高専商船学科卒業者全船協から表彰

 平成 15 年度各校商船学科卒業式において全船協から下記の方々が表彰を受けました。 社会に出てますますの活躍を期待します。
      富山 航海コース 小山 陽平   機関コース 百々 哲也
      鳥羽  ―〃―  原田  和    ―〃―  清水 洋孝
      広島  ―〃―  藤井 滋久    ―〃―  坂井 康寛
      大島  ―〃―  本木 久也    ―〃―  安田 昌史
      弓削  ―〃―  川原 義裕    ―〃―  西谷 勇二

平成15年度会費納入のお願い

 全船協の事業活動については、 既に季刊 「全船協」 等でご報告の通り、 日本人海技者は減少の一途をたどっており、 近い将来絶滅することすら心配されております。 これに対し全船協としては、 今までコースタルの検討をはじめ様々な活動をしてきましたが、 今年度から具体的に商船高専卒業者の内航大型船における乗船研修制度を事業として取組む事としました。 この部門に海技者を送り込み温存することにより、 絶滅の危機を回避しようとする目的です。 そのため、 基本財産の一部を活用して奨学金制度を実施することにしております。 同時に、 この事業を成功させ日本人海技者が温存・確保されることは、 平成 16年4月より独立行政法人化される商船高専の振興にも結びつくものであると確信します。
 今後ともこうした諸活動によって、 日本人海技者を維持し日本海運を維持して商船教育を振興する努力を続けてまいります。 これらの諸活動は、 申すまでもなく会員各位からの会費が主たる財源として支えられております。
 事情ご高察の上、 引き続き会費の納入について会員各位のご協力をお願い申し上げる次第です。
 * 会費の納入のお願いは、 平成 15 年 11 月初旬に、 納入依頼書及び郵便局扱いの
   払込取扱票を送付しておりますので、 宜しくお願いします。
 * 会費は年度制で納入をお願いします。 (1年 9,600 円)
 * 払い込み方法 :−
   郵便局をご利用されますと、 手数料は全船協負担です。
    振替用紙が必要な方は本部にご請求ください。
      郵便振替口座の場合 口座番号は 00180−0−118280
      銀行振込の場合 みずほ銀行 麹町東支店 普通口座 012−1036525

終身会員制度について
 終身会員に移行可能な方は、 年令 60 歳以上でご本人が申請されることが条件であり、 終身会員には次の終身会費が適用されます。 (平成9年4月1日より実施)
       ・60 才以上75,000 円
       ・65 才以上60,000 円
       ・70 才以上 50,000 円

第8回海洋文学大賞 作品募集

(主催:日本財団、 (財) 日本海事広報協会)
(後援:国土交通省、 NHK、 (社) 日本文学者協会、 国民の祝日 「海の日」 海事関係団体連絡会)
・募集内容
 海や船、 海で働く人々など海をテーマにしたもので、 次の部門ごとに募集。
◇海洋文学賞部門 (小説・ノンフィクション)
  ・小説は文芸、 冒険、 歴史、 スポーツ、 SF、 ユーモアなど自由。
  ・ノンフィクションは冒険、 博物誌、 観察記、 歴史発掘、 ドキュメントなど幅広い視点で、
     深く掘り下げたもの。
◇海の子ども文学賞部門
 小学生に読ませたい創作童話
  ・ノンフィクション
  ・募集締切 平成 16 年2月 29 日 (当日消印有効)
・募集規定 (作品の長さ、 応募方法等)
  ・応募資格:年齢・プロ・アマ・国籍問わず
  ・応募作品:日本語で書いた自作未発表のものに限る
  ・作品の長さ:海洋文学部門 400 字詰め原稿用紙 50 枚以内
          子ども部門  400 字詰め原稿用紙 20 枚以内
      (海洋文学部門の場合、 800 字程度のあらすじを添付。
      ノンフィクションの作品には参考にした資料や文献名を明記する。 必ずページ数を記すこと。)
  ・ 作品の体裁:各部門とも原稿は縦書き (400 字詰原稿用紙使用)
・賞 金  海洋文学賞 100万円 (一作品)、 海洋文学佳作 10万円 (二作品)
       海の子ども文学賞 50万円 (一作品)、 佳作 10万円 (二作品)

・応募の方法 
  ・原稿の表紙に応募部門名記載 (小説、 ノンフィクション、 海の子ども部門を明記)
  ・題名、 氏名、 (ペンネームの時は本名も記す)
  ・年齢、 性別、 職業 (在学者は学校名、 学年を記す)
  ・郵便番号、 住所、 電話番号明記のこと

・送付先 〒104-0033 東京都中央区新川1-23-17 マリンビル 7 階
      (財) 日本海事広報協会内
      「海洋文学大賞」 実行委員会事務局
      TEL 03-3552-5033 FAX 03-3553-4267
(その他)
・応募作品は返却しない。
・受賞作品の諸権利、 出版権等総て主催者に帰属する。
・その他不明な点は日本海事広報協会に問い合わせ下さい。
・発表は平成 16 年7月上旬。 入賞者には直接通知する。
・海と船の雑誌 「ラメール」 (9 月号) 等に氏名・作品名を発表。
・贈賞式は平成 16 年7月 19 日 「海の日」 前後に行なう。


〇 訂正とお詫び
 季刊 「全船協」 平成 15 年夏季号のお知らせの慶事の欄で、 受章の字句に間違いがありました。 訂正しお詫び申しあげます。
 (誤) 勲四等 瑞宝賞 →  (正) 勲四等 瑞宝章