時事寸評




震災復興
東日本大震災から2年になろうとしているが、その復興は遅々として進んでいない。その一方で、2億円の震災復興予算が関係のない方面にこじ付け的理由によって、どんどん使われ、社会的に大問題となったばかりである。この予算の「残った140億円は復興以外に使わない」と閣議で決めたようだが、すでに大部分は使われてしまい、その返済の義務もないと言う。
増税によってひねり出した震災復興のための予算が、いとも簡単に他の目的に使われ、本来の復興は進まないと言う、この国の現状に被災地の方々は絶望すら感じるだろう。
国際情勢と円高で日本経済は危機にひんしているが、流動性拡大だのインフレターゲット等と議論するよりも、復興の促進等内需の拡大こそ最も経済回復に役立つはずである。
この会報が届く頃には、総選挙も終わり新政権がスタートしていると思うが、震災復興を最優先課題としてもらいたいものである。
                                                TH