時事寸評


                                                   
 
「海の日?」
最近ラジオを聴いていたら、出演者が「海の日が一番意味がわからない祝日だ」と言っていたので、ムム・・・と聞き耳を立てた。意味が分からないなら、放送局がその内容を調べて、解説するのかと思いきや、「こんな祝日は無意味だ」みたいな話をして終わらせてしまった。
7月は海の月間として、海事関係者は大々的なポスター作製や、イベントを全国展開している、この時期に何たることかと、腹立たしさをおぼえたが。
しかし、冷静に考えてみると、海とか海運とか、今の国民の関心事からはかけ離れており、7月の「海の月間」にしても、海事関係者だけが、自己主張しているにすぎないのではないかと、ふと疑問がわく。
仲間内だけのPR行事ではなく、もっと国民に根を下ろしたイベントなり、行事を検討すべきではないか。マスコミにももっと訴えていく必要を感ずるが、いかがだろう。
                                                      T・H