ジュニアマリン賞優秀賞
富山高専商船学科 2・3年生


           
写真左より、E3の沢田君、N3の土屋君、N3の齋藤君、N2の石黒さん、N2の浦畑さん

 「ジュニア・マリン賞」は、小・中・高校生の皆さんに海の生き物や環境保全、海運など、広く海に対する興味や親しみを深め、海の恩恵に感謝する気持ちを育むことを目的として、これらをテーマとする調査・研究や活動のレポートを募集し、優秀なレポートを表彰するもので、今回は10回目です。
 今年の発表・表彰式は、3月11日に発生した東日本大震災等の状況に鑑み中止とし、上位3点を決定する審査会のみ行いました。
 富山高専は商船学科の学生が、昨年に続きノミネートされましたが、残念ながら上位3点には入りませんでした。
それにしても富山商船学科が、しかも2年連続で「海王丸」をテーマとして、レポートを作成し、優秀作品にノミネートされた意義はたいへん大きいものがあります。
昨年は、富山新港に浮かぶ「海王丸」のボランティア活動を通じて、海への理解を深める内容でした。今年は同じ「海王丸」がテーマですが、同船が建造されたいきさつの歴史に迫り、帆船訓練が船員教育に重要であることを見い出したものでした。
海王丸の歴史に目を向けたきっかけは、昨年行われた「全船協」の80周年行事で、海王丸も同じ80周年でしたが、地方商船学校関係者が大型練習船を建造させる運動を行い、それが実ったと同時に「全船協」の前身である「全国商船学校十一会」が結成されたのです。この両者は切っても切れない関係でした。
全船協としても、このようなテーマが優秀作品に選ばれたことに大きな意義を感じ、昨年に続き、5月30日全船協の本部に学生を招待し、富山商船同窓会関東支部と共同で、祝賀会を行いました。
学生には富山商船同窓会関東支部長から記念品を、全船協会長から金一封が贈られました。学生の皆さんに心から拍手を送ります。
                      全船協 専務理事 本望隆司(富山N52期)