茨城県石岡市いきいきクラブ連合会に
 おける講演について
 
 

 
 
 
               (社)全日本船舶職員協会 理事 
                     海事補佐人 田中 善治 






はじめに
 昨年11月24日、 私の小学校6年生当時の担任であった山川先生 (現在83歳、 水戸市高齢者クラブ連合会会長) の紹介の下に、 茨城県立県民文化センター 小ホールで講演させていただいた。
 このときの様子が掲載されている機関誌 「全船協 (第112号)」 をご覧になった茨城県石岡市いきいきクラブ連合会 (会長 鈴木光雄氏) の事務局長 山士朗氏から6月初めにお手紙をいただいた。 「石岡市いきいきクラブ」 でも是非講演をお願いしたいとのこと、 早速承諾の旨返事を差し上げた。
 山氏からいただいた資料によると石岡市は上野から常磐線特急で1時間、 人工8万人余、 年齢構成はいずこも同じ 「ぶんぶく茶釜型」 で65歳以上が24.5%。 「いきいきクラブ連合会」 は同市内の63クラブ、 2,827人で構成されているとのことである。 「市の木、 花、 鳥」 は夫々 「しい、 ゆり、 ひばり」 と語呂合わせもよい。
 今回も水戸市の時と同様、 当協会と事業内容及び目的が共通している NPO 法人 SEILA (セイラ・当協会が法人加盟している) と連携して講師を派遣するという形をとった。
 事前準備はセイラの飯田氏及び全船協事務局の協力を得ながら、 山氏と電話、 郵便で進めた。

当日
 7月17日 (土) 11:30 上野駅でセイラの飯田氏と落ち合い、 特急で石岡駅に向かった。 駅からタクシーで会場の 「ふれあいの里 石岡ひまわりの館」 に着くと玄関に山氏が待っていて下さった。
 大ホールには約150名の方々が参集され、 13:30山氏の司会で開演した。 会長挨拶に続き飯田氏がNPO法人 SEILA を簡単に紹介した。
 講演は水戸の時と同じ内容で準備したが、 船の種類やパナマ、 スエズ運河の仕組み等を紹介する映像をファイルした肝心の CD の持参を忘れてしまい、 世界地図と白板を使ったスピーチとなってしまった。
 海上輸送の役割―資源の乏しい日本・日本籍船と日本人船員、 海洋汚染、 船長の職務と権限などを話していると45分経ち、 前半を終り小休止とした。
 後半は船長の簡易夏服に着替えて再開した。 やはり船長の服装には皆さん興味がおありのようだった。 そこで服装に関連したこと、
 例えば金モールや白手袋のことなどの後、 船内 (海上) 生活のあれこれをお話した。
 質問の一つに 「水平線まで何キロメートルあるか?」 というのがあり、 覗達距離を計算する算式を紹介し応答した。 外に 「ノット」 や 「マイル」 についてお話しているうちに、 もう90分間の持ち時間が迫っていた。
 閉会後直ちに飯田氏と会場出口で、 皆さん一人びとりに感謝を込めて挨拶しお見送りした。

 数日後、 山事務局長よりご丁寧な礼状が届いた。