平成22年度 第1回理事会報告

 

             
平成22年度第1回理事会議案書.pdf
                       
      

                     議 事 録

     

               平成22年度 第1回 理事会報告

 平成22年度第1回理事会が4月19日開催された。 第1回理事会は定款の定めにより、 平成22年度通常総会に提案する議題を決定すること、 ならびに総会で正式予算が決定するまでの暫定予算を決定することが目的です。
 当日の議事録と議案書を掲載いたします。 正式予算案はこの後直ちに作成し5月の常務理事会に諮って、 総会に提案することとなります。
 平成22年度通常総会の招集案内は、 この会報の末尾に掲載しております。 また、 出欠連絡と欠席の場合の委任状はがきを同封しておりますので、 必ずこのはがきを返送してください。


平成22年度第1回理事会
議 事 録

日 時:平成22年4月19日 (月)  15:00〜17:33
場 所:全船協本部会議室
出席者
 出席理事 
 相川 康明、 荒谷 秀治、 岩江 成徳、 岩田  仁、 内田 成孝、 猿渡 國雄、
 及川 武司、 大賀 英朗、 角田  稔、 片山  清、 川村  赳、 小松 和夫、
 田中 善治、 冨岡栄一郎、 本望 隆司、 松坂 武彦、 松見  準、 山本 晴夫
                                           計18名
 委任出席理事
 東  功、 入江久寿弥太、 岩崎 敏壽、 柏木 昭彦、 加山 文治、 北嶋 憲一、  田中 三郎、 藤井 敬治、 矢野 芳秀、 山本 徳行、 吉田 堯計   11名
                                   理事出席合 計29名
  出席監事
   上総 正博、 土屋 正徳計                          2名
                                    出席者総数計31名


議事の経過
1. 開会
   司会者の内田副会長理事が開会の挨拶を述べ開会を宣した。
2. 議長選出
   司会者より定款第33条に基づき、 議長は会長が勤めることとなっている事により、  議長に川村会長理事の選出を宣し、 議場の承認を得た。
3. 議長挨拶
   川村会長より、 「本日の理事会は、 暫定予算の実施を承認いただくことと、 平成 22年度通常総会に提案する議題を審議することが目的である」 との議長就任挨拶を 行った。
4. 書記任命 議長は書記に本望事務局長を指名し異議無く承認された。
5. 出席者定足数確認
   書記より、 定款第34条第1項の定めによる理事会の定足数は、 理事総数34名 の過半数18名以上である。 本日の理事出席者数は本人出席18名、 委任11名、  合計29名で、 他に監事が2名出席していることが報告され、 規定の定足数を満たし  ていることが確認された。
6. 議事録署名人指名
   議長は議事録署名人に内田成孝副会長・角田 稔専務理事を指名することを提  案し異議無く承認された。
7. 報告事項
  平成21年度第2回理事会 (平成21年11月13日) 以降の本部関係会務一般に ついて、 資料1号に基づき報告された。
  会費納入状況について
   本望事務局長より、 資料2号に基づき21年度の納入状況が報告された。  
  5高専 (商船学科) の共同リーフレット・ポスター作製について
   事務局長より、 商船高専では募集の共同化が進展し、 来年からは瀬戸内3商船   高専が募集・試験等の共同化を実施することとなった。 それに伴い募集のリーフレッ   トやポスターを5高専 (商船学科) 共同のものを作る必要性が高まり、 その作成を   全船協に依頼してきた。 本協会としてもこの動きを積極的に支援することとし、 4月   末をめどにリーフレットとポスターの作成に取り組んでいる事が報告された。
  船主協会主催の 「5国立高等専門学校(商船学科)合同進学ガイダンス」 を後援す  ることついて
   事務局長より、 「5国立高等専門学校 (商船学科) 合同進学ガイダンス」 を主宰   する日本船主協会に対して、 後援したいと申し入れていたが、 後援団体に名を連   ねることが認められた。 今後 「5国立高等専門学校 (商船学科) 合同進学ガイダ   ンス」 に具体的な協力をしていくことが報告された。
  その他 なし


8. 審 議 事 項
 第1号議案 暫定予算の承認について
   川村会長より、 資料4号に基づき定款の定めにより5月28日の通常総会で正式に  予算が決定されるまでの間、 前年度予算に準じた暫定予算の執行を提案し、 異議  なく満場一致で議決した。
 第2号議案 平成21年度事業報告 (案) 及び収支決算 (案) について
   角田専務理事より事業報告 (案)、 本望事務局長より収支決算 (案) の報告を  行った。 収支決算 (案) は会計監査の承認を受けていることも報告された。
   審議の結果異議なく満場一致で議決した。  
 第3号議案 平成22年度事業計画 (案) 及び収支予算 (案) について
   内田副会長より、 事業計画 (案) が提案された。 審議の結果異議なく満場一致  で議決した。 尚収支予算案は決算終了直後の為これから作成し常務理事会の議を  経て総会に提案する。
 第4号議案 次期役員の選考について
   内田役員選考委員長より、 次期役員の選考結果について資料に基づき提案し、   異義なく満場一致で議決した。
  第5号議案 文書管理規則の制定並びに諸規則の改正について
   本望事務局長より、 文書管理規則は国交省から制定するよう求められたために提  案する。 会計処理規則の減価償却制度については国の指定する方法に合わせた改  正、 その他条文の単純な記載ミスの訂正などであるとの提案があり、 異議なく満場   一致で議決した。
 第6号議案 その他
    なし
 
 以上で議事を終了し、 17時33分閉会した。