お 知 ら せ


                                                        
 
                第19回マリナーズ・アイ展


1. 行事の名称
  第19回 人と海のフオトコンテスト 「マリナーズ・アイ」
2. 開催目的  海を職場とする人達のさまざまな姿などを対象とした写真を広く国民一般から募集し、 これを公開展示することにより、 海に働く人達と船への理解を求め、 もって海事思想普及に資する。 また、 海の日・海の旬間行事として位置づけ開催する。
3. 主催団体  (財) 全日本海員福祉センター
4. 後援団体 (予定) 国土交通省・国土交通省神戸運輸監理部
5. 協賛団体 (予定) (社) 日本船主協会 (社)大日本水産会
             (財)海技教育財団  (社)日本船長協会
          (財)日本船渠長協会 (社)日本船舶機関士協会
          (社)海 洋 会   (社)全日本船舶職員協会
          (財)日本殉職船員顕彰会
           全日本海員組合   漁船同盟連絡協議会
6. 開催日時および開催場所
   日 時   平成20年7月7日 (月) 〜7月13日 (日)
   場 所   東京芸術劇場  (東京都豊島区西池袋1−8−1)
   ※なお、 本年も巡同展を下記の日程で開催する。
   神 戸 日時:平成20年7月18日 (金) 〜8月18日 (月)
       場所:神戸第2地方合同庁舎1階ロビー  (神戸市中央区波止場町1−1)
   北九州 日時:平成20年8月22日 (金) 〜10月2日 (木)
       場所:北九州市立美術館 (北九州市戸畑区西蛸ケ谷町21−1)
   その他主催者が開催する展覧会
7. 展示方法 東京芸術劇場会場では、 大賞、 推薦、 入選、 優秀および主催団体会長賞の17点と佳作約103点、 合計約120点を展示する。
   巡回展その他展覧会では、 展示スペースの都合により佳作作品を除く場合もある。
8. 募集要綱
   募集対象      国民一般 (限定なし)
   作品の題材 (テーマ) 海に働く人達をメインテーマとして、 船、 海、 港など
   種類およびサイズ  モノクロおよびカラープリントで四切サイズ、デジタル写真
   募集期間      平成20年4月1日 (火) 〜6月16日 (月)
9. 審査 (入賞作品選考) 日 時  平成20年6月18日 (水)
   審査員  丹野  章 (協同組合 日本写真家ユニオン理事長)
        小松 健一 (日本写真家協会会員)
        国土交通省 海事局船員政策課長
         (財) 全日本海員福祉センター会長
   発 表  平成20年6月19日 (上位入賞者17名のみ通知)


           第23回 「日本の海洋画展」

1. 行事の名称  第23回 「日本の海洋画展」
2. 開催目的 我が国は四方を海に囲まれた海洋国であり、 私たちの日常生活は勿論、 政治、 経済、 文化などあらゆる分野において海とかかわり、 恩恵を受けております。
   弊センターでは、 優れた海洋画を展示し、 より多くの国民各層の方々に鑑賞していただくことにより、 「海に生きる人々」 や 「海」 を身近なものとして認識していただき、 海や船、 環境問題などに一層の理解を深めていただくことを目的として展覧会を企画しています。
   この海洋画展を通じて日本における海洋・海景画のジャンルの確立を目指してまいりたいと考えます。
   また、 今回も開催目的をより効果的なものにするため、 北九州市立美術館主催で北九州展を開催します。
3. 主催団体  財団法人 全日本海員福祉センター
4. 後援団体  国土交通省 朝日新聞社
5. 協賛団体  厚生労働省 水産庁 社団法人日本船主協会 社団法人大日本水産会
  社団法人日本水先人会連合会 財団法人日本海事広報協会 社団法人海洋会 
  財団法人日本殉職船員顕彰会 社団法人日本船長協会 社団法人全日本船舶職員協会
  社団法人日本船舶機関士協会 全日本海員組合 漁船同盟連絡協議会 
6. 開催日時および開催場所
  本展 開催日時 平成20年8月4日(月)〜8月15日(金) 午前11時から午後7時
              (但し、 初日は午後2時開場、 最終日は午後5時閉場)
  開催場所 東京芸術劇場5階展示ギャラリー (東京都豊島区西池袋1―8―1)
  北九州展 開催日時
       平成20年9月4日(木)〜10月5日(日) 
       午前10時〜20時(入場は19時30分まで)
  開催場所 北九州市立美術館分館(福岡県北九州市小倉北区室町1―1―1)
  ※北九州展については、 北九州市立美術館が主催し、 弊センターは後援となる。
7. 展覧会の構成  「日本の海洋画展」 は、 1986年(昭和61年)に計15の省庁・団体の協力を得て第1回展を開催し、 今回は第23回展となる。
   展示作品は、 各会派・団体の枠を越えた海に関心を持ち、 共感する著名な現代画家48名(予定別紙添付資料参照)の作品(50号〜120号)48点で構成。
   また、 展覧会の趣旨をより鮮明にするために、 特別出品作品を展示する予定。
   本展には 「海に生きる者の絵画展」 を併設して展示する。 これは、 弊福祉センターが毎年11月に開催している 「海上美術展」 への出品作品(船員と家族)の中から選出された海洋画と、 海事関係者の絵画会からの作品の合計約30点で構成となる。
8. 入場料  無料とする。
                                        以上