平成20年度第1回理事会報告

 

              平成20年度  第1回 理事会報告

    
                  

日  時:平成20年4月22日(火) 15:00〜17:52
場  所:全船協本部会議室
議長選出:定款第33条により会長が議長に任命された。
会長挨拶:会長より、 本理事会は定款の定めにより、 総会に付議すべき事項を審議し決定していただ くために開催するものであり、 各位の協力をお願いする。 との挨拶がされた。
理事の定足数確認:(定款第34条1項に定める定足数は理事の2分の1以上、 18名以上)
       理事総数   34 名   本人出席   17 名
                        委任出席   13 名
                       合計出席   30 名
         監  事   1 名
議事録署名人の選出:内田成孝副会長、 角田 稔専務理事が選出された。

報告事項
(1)平成19年度第3回理事会 (10月25日) 以降の本部関係会務一般について (資料1号 省略)
 事務局長より報告された。
(2)会費納入状況ならびに会員数について (資料2号 省略)
 事務局長より報告。 会費納入は前年より123名、 1,213,520円減少したことが報告された。
(3)基本財産の現状と運用状況について
 会長より概略を報告。 基本財産は15,507,448円、 4.8%の運用収益を上げたことが報告された。
(4)商船高専統合の動きについて
 会長より、 統合の動きは昨年富山商船高専が1年延期され、 その後明確な統合の指針が示されて おらず、 それらを確かめつつ内部の議論を深めて対応していく必要があるとの状況報告がされた。
(5)新水先人制度の状況について
 専務理事より、 新制度発足後、 全船協会員数名が挑戦されたので、 その方々への情報提供など 支援を行い、 国家試験をクリヤーすることが出来たことが報告された。
(6)現代 GP 「海事技術者のキャリア育成プログラム」 について
 専務理事より、 全船協の協力により、 企業のインターンシップ、 現役船舶職員の講演会などで成果を上げた。 本年度で終了するので次年度以降の事業継続について検討されていることが報告された。
(7)無料船員職業紹介事業の経過について
 事務局長より、 昨年8月制度発足以来、 数名の問い合わせがあり成約者も出ている。 対象となる船員が、 本協会会員以外の人が多く、 新たな会員開拓の可能性が広がっていることが報告された。
(8)その他 なし。

 以上の報告事項について、 異議なく承認された。

審議事項
第1号議案 暫定予算の承認について (別掲)
 会長より、 本会定款第41条 (事業計画及び予算) によると、 事業計画及びこれに伴う予算は、 毎事業年度開始前に、 理事会における議決を経て総会に付議し、 総会の議決を経て成立することとなっている。
 しかし本会にあっては、 新年度予算は前年度の決算数値が確定しない限り、 事業年度開始前に決めることは困難であり、 定款第42条 (暫定予算) の定めに基づき、 予算成立の日まで前年度の予算に準じ収入支出をすることとして運営されてきており、 本年度も継承することといたしたい。 なおこの収入支出は、 新たに成立した予算の収入支出とみなされることとなる。 との提案がされた。
 本議案について異議なく承認議決した。

第2号議案 平成19年度事業報告 (案) 及び収支決算 (案) について (別掲)
 専務理事より、 資料に基づき報告された。 なお、 会計担当の事務局次長が年度末に突然の疾病により入院しているため決算の作業が大幅に遅れ、 本日提案できない状況であることが報告された。
 事業報告内容について一部字句修正の意見があり、 その通り修正する。 また、 決算報告については5月開催の常務理事会においてとりまとめ、 監査報告書を付して総会に提案することにし、 本議案は承認議決した。

第3号議案 平成20年度事業計画 (案) 及び収支予算 (案) について (別掲)
 会長より、 資料に基づき提案された。 本日は概略の骨子案として提示する、 予算案も決算確定後となるため、 本日は提案できない。 なお、 商船高専統合問題は本協会にとってもきわめて重要な問題であり、 結論は簡単には出せない問題である。 したがって皆さんの忌憚のない意見を出してもらい、 また、 学校や同窓会とも十分な意思疎通を図りながら対応していきたい。 との提案がされた。 これに対して、 賛意を示す意見が多く出され、 異議なく承認議決した。

第4号議案 全船協表彰 (案) について (別掲)
 事務局長より、 表彰弔意規則の定めにより5名の該当者があり、 表彰することが提案され、 異議なく承認された。

第5号議案 役員人事 (案) について (別掲)
 内田役員選考委員長より、 次期役員推薦について4回の役員選考委員会を開催し、 別掲の通り次期役員の推薦を決定したことが報告され、 異議なく承認議決した。
 
その他 なし。

 以上の議事をもって17時52分理事会を終了した。